構築済みデッキ【疾風のゼロ】全カードレビュー その1

12/14発売の構築済みデッキ【疾風のゼロ】の全カードレビュー記事です。
全てのカードについて書いたため、1枚1枚について細かい所までは書けませんでしたが、最低限のことは全部書きました(それでも3つの記事になってしまいましたが…)。

では続きからどうぞ
続きを読む >>

アルティメット・ビャク・ガロウ

こんにちは、本日誕生日なHikafuです。ここからまた気を引き締めて頑張っていきたいと思います。


更新再開をしたご褒美(?)に公式から公開されたアルティメット・ビャク・ガロウ。
剣王獣ビャク・ガロウは自分が緑を使い続けるきっかけとなったスピリットであり、様々な思い出があるカードです(某ぬるぬるの方との初対戦、鎧神機ヴァルハランスと剣王獣ビャク・ガロウが2体づつ並ぶ長期戦となったことは忘れもしません)。更新再開には持って来いなネタですね!!

では続きからどうぞ
続きを読む >>

最近緑を脅かすカード

最近は最新弾の影響でメタが変わったことで、緑に対しても強力なメタカードの採用が増えてきました(最新弾で新たに増えたとも言えますね)。

その中から特に強力なカードをいくつか挙げ、それらの対処法などについてHikafuが考えていることを書いていきたいと思います。

では続きからどうぞ
(※文字数が限界いっぱいで唐突に記事が終わります、ご容赦を…)
続きを読む >>

暗黒刃翼のコモンアンコ雑感

強力なカードが多いと噂される暗黒刃翼。
その中から緑のカードを紐解いていきます。
では下からどうぞ↓


・ゲニン・スズメ
なぜこのコストで許されたのか。
発動条件が破壊時なのでタイミングは選びにくいですが、お互いのアタックステップどちらでも腐りにくい効果(というかこれ1枚でゲームが決まってしまうほど)なので様々なアーキタイプで活躍が期待できるでしょう。
最近は手札のマジックなどを封じるカードが多いので、この手のカードの評価は高いですね。

・アライゴヤ
緑の2コストスピリットには珍しく有用な効果を2つ持った遊精。
一見関連のない組み合わせに見えますが、コア除去をされないので破壊時効果を確実に発揮できます。

2つの効果が両方ともタイミングを選ばないので、頼もしい存在になるかもしれません。
今後、緑と黄の混色2コスビートみたいなデッキがうまれるか!?

・ジョーニン・トンビ
数少ないLv1から強化を持つ中コストスピリット。そしてついにキーワード化された『相手によるこのスピリットの破壊時』。
このコスト体での分身はけっこうな魅力があります。アドバンテージを稼ぎにくい緑においてアドバンテージを失わないのはいいですね。
ジョーニン・トンビが破壊されても緑シンボルが残るので自分の戦略を邪魔されにくいのは◎。

・ゴースト・マンティス
黄色軽減を持った珍しい緑スピリット。
同コスト帯にライバルが多いため採用するのは難しそうですが、シユウや夢幻の天剣トワイライト・ファンタジアなどの強力ブレイヴのシンボルを活かせるのはポイント高し。
脚を部位破壊したいですね。

・小覇鳥ソンサホーク
コストが重く、一見イマイチなカードに見えますが、召喚時2コアブースト、相手2体疲労、アタック時1体疲労と考えれば充分にフィニッシュクラス。
召喚したターンにLv2になれるのは確定項なので、そのままストームアタックなどに繋げることもできます(ただし全ての効果が発動前提)。
効果を考えたらコストも妥当ですが、せめてもう1コスト軽かったらよかったなぁ。

・オオトキ凧
巷ではヒョウ・カッチューと比べられてしまう可哀想なブレイヴ。
ですがHikafuはそうは考えていません。召喚時効果は不安定なのでヒョウ・カッチューに軍配が上がりますが、こちらは3軽減のフットワークの良さが売りです。

(文字数がいっぱいなので続きからに続きます)
続きを読む >>

光牙鳳凰レックウマル

新たな緑のキーワード能力を持つXレアです。
テキストが長いカードですが、少しづつ紐解いていきたいと思います。


まずは召喚時効果から見ていきます。
分身:2の効果自体はとても強力です。1枚のカードから3つのパーマネント(場に存在するカード)を作るのは、ジリ貧で劣勢な状況からでも勝てる可能性を作ることができるでしょう。相手のライフが1や2ならばトリプルシンボルのカードを出すよりも強い場合の方が多いと思います。
また、光牙鳳凰レックウマルを出した後にキングタウロス大公や獣槍王ギガ・ガルレイヴを出すのも気持ちよさそうです。

しかし、分身のテキストは「リザーブにあるコア」からしか置けないことが確定しているので、他のスピリットのLvを下げるなどしてコアをリザーブに置く必要があります。このため赤の召喚時バーストなどを発動されると場が壊滅する恐れも。
これらの理由から光牙鳳凰レックウマルのコストは7ではなく9と言うこともできます。7コストと言うと敵が多そうなコスト帯ですが、9コストで考えるとまた話が変わってきますね。


Lv2、3の強化ですが、このカードに付いている強化は単なるオマケではありません。今までの強化持ちスピリットと違って自身がLv3から疲労効果を持つため、アタック時効果を〈『このスピリットのアタック時』相手スピリットを2体疲労させる〉と読み変えることができます。
暴風:2とは何なのか。

召喚時効果、強化、アタック時効果と合わせると光牙鳳凰レックウマル全てのアタックを捌くには5体ものスピリットが必要になるため、受けきるのはかなり困難ですね。
続きを読む >>

アリエスコントロールにおける指定アタック付与ブレイヴ

アリエスコントロールを組むと最低でも2、3枚はデッキにいれておきたい効果として、相手スピリットへの指定アタックがあります。
疲労状態で仕事のできないスピリットを働く前に除去するのは言わずもがなの強さですね。

例えばそれは龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードであったり光龍騎神サジット・アポロドラゴンであったり。そしてそれらよりも早い段階で召喚できる北斗七星龍ジーク・アポロドラゴンからの鳳凰竜フェニック・ソード。

最後に挙げた鳳凰竜フェニック・ソードは白羊樹神セフィロ・アリエスとの相性のよさ、召喚時効果の強力さ、さらにはダンデラビットのための系統:星魂と優秀な点が多いです。

この鳳凰竜フェニック・ソードに続く指定アタック効果持ちブレイヴとして新たに登場した《暗黒魔剣ダーク・ブレード》について書いていきたいと思います。

続きからどうぞ
続きを読む >>

ブースタードラフトのススメ【乱剣戦記編】

この前に続いてブースタードラフトの記事です。
今回は前回スルーしていた乱剣戦記のカード評価を書きたいと思います。

では続きからどうぞ
続きを読む >>

ブースタードラフトのススメ【光輝剣武編】

今月はショップバトルEXとしてブースタードラフトが開催されています。
バトスピプレイヤーの中にはブースタードラフトが苦手という方が多く見られるので今回は、ブースタードラフトで勝つための助けになれるような記事を書きたいと思います。

ブースタードラフトドラフトで使用されるパックは最新弾となる光輝剣武が多いと思うので、ブースタードラフトでの光輝剣武を紐解いていきます。ではまずは光輝剣武のカードタイプ別枚数分布からです。



〈スピリット 60種〉
左からコスト→C→U→R→M→X
0コスト 1 0 0 0 0
1コスト 5 0 0 0 0
2コスト 5 2 0 0 0
3コスト 7 3 1 0 0
4コスト 7 1 0 1 1
5コスト 2 3 1 5 1
6コスト 4 0 2 1 0
7コスト 0 0 1 1 2
8コスト 0 0 1 0 2


〈ブレイヴ 12種〉
3コスト 4 0 1 0 0
4コスト 3 2 0 0 0
5コスト 0 2 0 0 2


〈ネクサス 6種〉
3コスト 2 2 0 0 0
5コスト 1 1 0 0 0


〈マジック 12種〉
2コスト 1 0 0 0 0
3コスト 2 1 0 0 0
4コスト 0 1 2 0 0
5コスト 2 0 3 0 0


〈フラッシュタイミングでブロック数やアタック数を変えるレベルのカード〉
計8種(不死含む)


〈フラッシュタイミングでのBP修正マジック〉
計6種(内4枚がBP+、1枚がBP−、残り1枚はソウルスライドによるレベルダウン)


〈効果による除去〉
BP参照除去 5種
コア除去 6種
疲労状態破壊 2種
コスト参照除去 2種


ざっとこんな感じです。途中からのデータは「Hikafu的にその分類に含んでもよいカード」という基準で選ばれているので人によっては若干異なることがありますのでご容赦を。

ブースタードラフトで使用するパックを理解度はそのままピックのレベルに直結します(スピリットを回復させるカードがほぼ入っていないエキスパンションで、白の強化(スピリットの回復体数+1)なんて役に立たないのでピックしても意味はないですよね)。


次はピックする際に優先してピックするカードや、回してはいけないカードを挙げていきたいと思います。続きからどうぞ
続きを読む >>

今こそアリ?緑に騎士王蛇ペンドラゴン!

最近は緑ビートダウンにとっても邪魔になるスピリットをよく見るようになってきました。

例えば白関連のデッキが台頭したことによりザン・トライや氷循の守護者オーシン。赤と紫のハイブリッドのようなデッキで採用されるドン・ディエゴット。その他にもたくさんいるでしょう。

これら1枚の存在でかなり攻めにくくなってしまうのが緑ビートダウン。除去カードを採用しているのといないのでは勝敗が分かれます。

そこで、数ある除去の中でもかなりの確率でスピリットを除去でき、腐りにくいカードとして騎士王蛇ペンドラゴンが採用されやすいと思います。
コストは重めでシンボルもありませんが、やれることが多い除去はかなり優秀です。
今までは緑ビートダウンに騎士王蛇ペンドラゴンを採用するのは否定的な意見を書いてきましたが、今の時代(もしくはこれから先も)こそ騎士王蛇ペンドラゴンが必要になってくるのかもしれませんね。
ショップバトルで邪魔なスピリットに苦戦を強いられている方は一度採用を検討してみてはいかがでしょうか?
ではまた^^

現在の緑デッキの形あれこれ

お久しぶりです、やっとこさ忙しい時期が終わりました。またちょこちょこと更新していけそうです。

では気を取り直して、今回は緑絡みのデッキはどんなタイプがあるのかを紹介していきたいと思います。

続きからどうぞ
続きを読む >>

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM