<< GP福岡 個人結果 | main | 再始動 >>

スポンサーサイト

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Force of Will、オリジンビフレストのススメ

皆さんもご存知の世界的大人気TCGであるForce of Willですが、世界的に人気があるのはニューフロンティアというフォーマットで、多くの大会がこの遊び方で開催されています。

しかしForce of Willには人気のニューフロンティア以外にも、ワンダラーリーグやオリジンビフレストといった遊び方があり、海外プレイヤーの一部にはこちらのフォーマットも遊ばれているようです。このワンダラーリーグとオリジンビフレストがどんな遊び方かというと、こちらは使用できるカードのローテーションがあるニューフロンティアと違って今までのカードが全て使えるフォーマットとなっています(禁止カードを除く)。
ワンダラーリーグの方はグリムクラスタ以降のカードであれば禁止カード以外全て使えるので、ニューフロンティアの次に遊ばれているフォーマットだと思いますが、黎明期のヴァルハラクラスタから全てのカードが使えるオリジンビフレストフォーマットには禁止カードはありません。

そう、オリジンビフレストは公式サイトのカードリストに載っている全てのカードが使えます。全てのカードです。禁止カードなんてものはありません。
もう一度言います、全てのカードが使えます。

オリジンビフレストで遊んでいる人が少ない理由の一つはカードが手に入りにくいことだと思いますが、それさえクリアしちゃえば自分の好きなカードがなんでも使えるなんてそんなの楽しいに決まってるじゃないですか!!ってことで、皆さんもオリジンビフレストで遊んでみない?ってお誘いです。

全てのカードが使えるため、凄まじい高速ゲームになり面白くないかなぁなんて自分も少し前までは思っていたのですが、使用可能なカードが増えた現在では思っていた以上に高度な駆け引きが行われる楽しいゲームでした。ほんとですよ。

 

さて、前置きが長くなりましたが今回の記事ではオリジンビフレストが様々なカード(デッキ)で遊べることを証明するために、オリジンビフレストで強いとされるデッキを紹介していきたいと思います。皆さんが少しでもオリジンビフレストに興味を持ってくれますように。

それでは続きからどうぞ

 

【緑青クロノスOTK】

迷宮の主 クロノス

先攻1キルの可能性を秘めたスーパーソリティアデッキにして、ヴァルハラから最新までの闇のカード全てを詰め込んだ諸悪の根源。 パワーカードの《宝樹の芽》、アリスクラスタの置き土産である数多くの0コストレガリアを駆使しながら1ターン目からデッキをループさせていきます。そして《かぼちゃの魔女》が駆け抜けるか無限回の《雷撃》でフィニッシュするという正にヴァルハラそのものです。

《迷宮の主 クロノス》のルーラー効果にエラッタがかかったり、ルールの整備が行われるたびに注目を集めるクロノスですが、現在のルールでは《聡明な使用人 モルジアナ》とルーラー効果の置換効果重ねがけ使用ができなくなっています。それにより1ターンキルの確率は少し下がりました。 このデッキ自体を対策するのは簡単ですが、それを1ターン目から実行できるカードは多くありません。後抗で緑ウィルを作れるルーラーや《絶風》を積んだデッキならば対抗ができると思いますが、それ以外のカードは間に合わせることができるか次第。 恐らくこの環境のトップメタデッキですね。

〈オススメカード〉

宝樹の芽

深遠のアドゥムブラリ

=====================================

                                                  

【チェシャ猫の助けアルハマート】

ギル・アルハマート

アリスクラスタの遺産である0コストのレガリアを大量に搭載し、《チェシャ猫の助け》で1ターン目に大量展開、さらに相手の手札を全て捨てさせてからの...2ターン目にジャッジメントしたアルハマートが4000点を叩き込む事実上最速デッキ。必要なのは初手に《チェシャ猫の助け》を引き込む運命力と、デッキをペラペラめくっていくセンスだけ。

驚くべきはデッキのカードが全てアリスクラスタ以降のカードで構築できること、さらにはワンダラーフォーマットにおいて規制がされていないこと。ヴァルハラクラスタが混ざったこの世界でも一線級のデッキです。

デッキの安定性を捨てて1ターン目に《赤き竜 ドライグ》を4体出すことを目標にしたオリジンビフレストにしか出来ない漢のロマン「ドラゴンストームタイプ」も組める。こちらは《命断の鎌 デスサイズ》を置かれてもキルターンが変わらないのが魅力です。1ターン目に4台のドラゴンを展開し、2ターン目にJルーラーと合わせて5体のドラゴンで襲い掛かれるのはヴァルハラクラスタ解禁フォーマットだけ! 対面に《黒月の支配者 ギル・ラピス》の笑顔が見えたら天を仰ぎましょう。

〈オススメカード〉

四聖の角笛

時思いの真呪

=====================================

 

【赤黒ウシュアウィニー】

火焔武刀士 ウシュア

現状考えうる最速のウィニーデッキ。ルーラーであるウシュアがエラッタされ、2コスト以下のリゾネイターが迅速を得るようになったことが追い風になり、よりテクニカルな動きが可能になった。《アルティアの炎竜》や《魔界の亡者》など、常にアップデートされ続けている点も見逃せない。

相手への対策は気持ちだけの手札破壊と、サイド後の《絶風》のみと言えるくらいの潔さ。しかし、ちょっとでも動きが遅れたデッキには対しての一方的な暴力は圧巻。実は緻密なプレイングスキルを要求されるところも魅力ですね。

ヴァルハラクラスタのカードが比較的少ないデッキなので、グリムクラスタ以降からForce of Willを始めたプレイヤーならばカードを集めやすいため、オリジンビフレスト初級者向けデッキとも言えるでしょう。

〈オススメカード〉

不死王の屍術

アルティアの炎竜

=====================================

 

【緑黒ロキ リアニメイト】

古の魔王 ロキ

1ターン目から《闇翔ける グリフォン》や《フック船長》などのパワーリゾネイターを叩きつける豪快なデッキ。もちろん《電解のゴーレム》だって...

その豪快さ故に気づかれにくいのですが、このデッキは対戦相手への妨害がかなり得意なデッキです。1ターン目から複数のウィルを生み出せるため、他のデッキと比べて対策カードが間に合いやすいのです。《無力化の方陣》や《封印せし櫃》、《影の結界》などはその最たる例でしょう。デッキによっては先攻からの《狂気の詩人 アブドゥル=アルハザード》あたりも刺さりますね。

カラーリングも優秀で、様々な選択肢があるために考えていても使っていても楽しい良きデッキです。《神樹の使い ククノチ》で大量ドローして気持ちよくなりたい諸氏にはピッタリのデッキ。 タッチ青をすると上記の《フック船長》を通常召喚できるようになるだけでなく、《笑みの残影 チェシャ猫》で安定を計ったり、《キースの鳴き声》などで相手を牽制したりもできますね。

大型リゾネイターが増えるたびに強化が見込めるため、これから先も活躍が期待できるかもしれません。

〈オススメカード〉

骸の契り

理不尽な選択

====================================

 

【白青緑アーシニアループ】

風使い アーシニア

オリジンビフレストでも数少ない純正ソリティアループデッキ。 他のデッキが1ターン目や2ターン目から派手な動きをする中、このデッキの動き出しはとても静かです。《朝靄》や《和平交渉》を使い、ただひたすらに凌ぎます。そして5ウィルから7ウィル溜まった後にタイミングを見計らいコンボ始動のキーカードを唱えます。すると、その次のターンから相手は抜け出せない霞の迷路を彷徨うことになるのです...。延々と唱えられる防御カードに溜まる魔石、そして訪れるのは終わりのないライフ回復や無限の《雷撃》。相手の魂は永遠にヴァルハラを旅することになるでしょう。

カウンターができない相手にはかなり強く、ライブラリーアウト系のデッキや墓地利用系のデッキにはルーラー効果が対策にもなるため、意外と戦える相手は多いのですが、後抗を持たないためダイスで負けると何もできない(その場合は全力で《絶風》を引きにいくしかない)、サイドからルーラーを変えることができないため対策を打たれやすいなど弱点が少なくはありません。その代わりにループコンボが決まった時の喜びは特別なものになるでしょう。 《黄金の取引》を始めとし、古のカードを多く使うために構築の難易度が少し高めです。ルーラー自体を手に入れるのも難しいのですが、ルーラーのイラスト人気からこのデッキを使いたいというプレイヤーは少なくはなさそうです(オリジンビフレストプレイヤーは全国的に少ないみたいですけどね!)。

〈オススメカード〉

黄金の取引

春風の呟き

=====================================

 

【ドラゴンフィースシング/World Reflect】

風の六賢者 フィースシング

可能性のリフレクト

一時、ニューフロンティアを支配したコンボデッキのようなクロックパーミッションデッキです。《深淵のアドゥムブラリ》やルーラー効果で《白き竜 グゥイバー》を高速展開し、《アリスの世界》でフィニッシュするという勝利の方程式は正に芸術。デッキの安定性、様々なデッキへの対応力、速度、どれもトップクラスであると言えます。

全ての始まりである《可能性のリフレクト/収束のリフレイン》は後抗を持たないため、先攻が確定しているサイド後のゲームからルーラーを変えるのがオススメです(もちろん他のルーラーに変えることが可能なのもこのデッキの良いところ)。ニューフロンティアやワンダラーの禁止リストに名前を書かれた驚異のルーラーではありますが、現在ではちょうどいい塩梅のカードになりました(後抗って凄い)。

優秀なカウンターカードが当時よりも増えたので、1ターン目に《白き竜 グゥイバー》を展開、2ターン目以降はカウンターに徹するといった勝ちパターンがある為、とにかく安定感のあるデッキを握りたい方にオススメです。比較的新しいカードが多いのもいいですね。

〈オススメカード〉

ウィル・オ・ウィプス

聖風の防壁

=====================================

 

【待機かぐや】

蒼月の予言者

最近はカードが追加されていない「詠唱待機」ですが、現在のプールだけでも十分に力を発揮するのがこのデッキ。詠唱待機もルール変更によりだいぶ使いやすくなったため、様々なパワーカードを1コストで使用できるこのデッキは相当な力を持つようになりました。

ヴァルハラクラスタだけでも《朝靄》、《和平交渉》、《魔力霧散》などの優秀な詠唱待機がありますし、《闇に浮かぶ湖月》は様々なリゾネイターデッキの天敵となり、《最初の屍者 リザ》と《最後の屍者 メルダー》は待機コスト以上のフィニッシュ性能を誇ります。 デッキの性質上《異世界の夢》や《絶風》をケアするのも使用するのも容易で、プレイングの幅の広さが売りなコントロールデッキなので使っていて楽しいデッキであることは間違いありません(このルーラーも後抗を持たない点には注意ですが)。

デッキのメインとなる詠唱待機カードにはあまり強化が見込めませんが、それを考慮しても組んでみたくなるだけの魅力が溢れた良デッキです。

〈オススメカード〉

未来への道しるべ

魔力霧散

=====================================

 

【緑黒Fox】

九尾の狐

ニューフロンティア、ワンダラー共に最強クラスのデッキとして知られる《救済代理人 リリアス・ペタル/九尾の狐》デッキですが、その力はオリジンビフレストでも健在です。《宝珠の芽》や《闇夜の契り》といった瞬間的なブーストカードのサポートを受けられる九尾が弱い訳もなく、後抗で得られるウィルのカラーも最強色の風、闇...と攻防共に隙がありません。

このデッキもヴァルハラクラスタのカードがそれほど多くは必要にならない上、必要なカードはほとんどプロモーションカードとして多く配布されているので、ニューフロンティアの禁止改定で《闇翔ける グリフォン》を失った九尾デッキを持て余している方はこのデッキからオリジンビフレストを始めてみるといいと思います。

一応、後攻1ターン目にジャッジメント→合成召喚まで行ける方法がいくつかあるので気になる方は試してみて下さい。そんな構築にするかはまた別の問題ですが(笑)

〈オススメカード〉

グレーテル

豆撒き

=====================================

【プリシアJ速攻】

転生炎姫 プリシア

ニューフロンティアで禁止された2枚目のルーラーであるプリシアですが、ジャッジメントルーラーで速攻をするのならばやはりこのカードが一番最初に頭に浮かびます。

オリジンビフレストには様々な戦術があるため、天敵となる《命断の鎌 デスサイズ》の採用されている可能性が低いのはこの手のデッキにとっては好都合。最速のワンキルデッキよりは1テンポ遅れをとるものの、そのおかげでそれら以外のデッキに対策されることなく1本目を終えられるかもりれません。

このデッキも上記の《救済代理人 リリアス・ペタル/九尾の狐》と同様、家で眠らせている人も多いと思います。さぁ再びプリシアと共にヴァルハラの戦場を駆け抜けましょう!!

〈オススメカード〉

魔剣 レーヴァテイン

嫉妬深き美姫 グィネヴィア

=====================================

 

はい、ということで10個近い数のデッキを紹介してみましたが、これらのデッキはどれも個性的で、デッキの構築はもちろんプレイングの幅もかなり広いのでどれもオススメのデッキです!!上記のデッキ以外にも強いデッキや面白いデッキがまだまだあると思いますのでオリジナルのコンボや強いデッキを探してみるのも面白いと思います。

 

もしあなたが「オリジンビフレストで遊びたくなったけどカードが手に入らない!」なんてことになったら埼玉県にあるCard Forestってお店に行くとお探しのカードが見つかるかもしれませんよ(もちろんニューフロンティアの相談でもどうぞ)。

 

それではまた、よいForce of Willライフを!


スポンサーサイト

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 02:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメント失礼します。
この記事を読んで私もオリジンビフレストに興味を持ちました。
しかしながら、近隣の店を探してもヴァルハラのカードはなく、Card Forestさんに行こうにも遠くて行けない現状です。
難しいかと思いますが、Card Forestさんは通販などやる予定などはございますでしょうか…?
  • TK
  • 2018/02/22 10:10 PM
TKさん
返信が遅くなり申し訳ありません。

オリジンに興味を持っていただけたとのことで大変うれしく思います!
確かにヴァルハラのカードはなかなか手に入らにものが多いですよね。現状通販の予定はないのですが、もし可能であればツイッターの方に欲しいカードと希望枚数をDMしていただけないでしょうか(ツイッターやってなかったらごめんなさい)。
自分の方でカードが見つかれば金額の提示や郵送はできると思います。

ぜひ一緒にオリジンビフレストを楽しみましょう!
  • Hikafu
  • 2018/03/15 3:00 AM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM