<< Force of Will ラピスクラスタ構築済みデッキ解説 | main | Force of Willは面白いんだぁぁぁぁぁ!! >>

バトスピダッシュデッキ「神速封印」個別カードレビュー

本日発売の最新構築済みデッキ「神速封印」のカードを個別に紹介していきます。

ではさっそく。


[ネザドワ]
最早恒例の1コストで2色になれるスピリット。白軽減が付いてないのは何故だかわからないですが、足元として大事な2色になれるスピリットで破壊時に手札に戻れるのはとてもよいと思います。後、絵が可愛い。

[ウサコウモリ]
2コスト神速。Lv2の効果ですが、封印をするデッキでソウルコアをトラッシュに送るのは如何なものかと。封印をしないデッキだとしてもBP2000のこのカードが場に残れるのか?ブロック後に手札に戻れるとはいえ、課題が多いカードです。緑ミラーなどで神速召喚した時に相手に疲労させられた時に戻る機会があるかもしれないですね。

[乙の跳獣ドロップロップ]
3コスト召喚時コアブーストスピリットの新作。破壊時に手札に戻せる能力は手札が枯渇しがちな緑ではとても重宝するでしょう。系統も3つと優秀なため、この手のカードの中ではエースクラスだと思います。チャンプブロックが繰り返しできる緑のスピリットに期待が高まりますね。あと可愛い。

[拳闘獣オー・ガンガル]
BPオバケ。緑でこの効果が必要になる場面はあまりないかと思います。他の色のウィニーにプレゼントしてあげたい1枚。

[ムサザビー]
コストの高い神速で召喚時効果発揮後バーストを踏んでしまう上にBP上がるだけってやる気あるんかお前。

[癸の槍獣ヤリアラシ]
実は久しぶりの4コスト緑白スピリット。効果も緑というより白寄りですね。Lvの維持コストも白っぽくて、なんでこいつ白軽減ないんでしょうね。

[丁の跳獣ロケット・レッキス]
召喚時に2体疲労させることができる4コストのスピリットって多分初なのでは?ブレイヴならヒョウカッチューなどいますけど。後攻1ターン目に異魔神ブレイヴなどから2ターン目に召喚するといいアタッカーになりそうですね。

[己の跳獣皇ライオ・ビット]
系統が変わった巨蟹武神キャンサード。追加ダメージの代わりに自分のスピリットをバウンスできる能力をゲット。
上のキャンサード効果はそれなりに強いのですが、特筆すべきは下の効果ですね。アタックの終わったスピリットを手札に戻し、再度神速召喚ができればアタック回数を稼げますし、相手のターンに回収してブロックに回ったりと、使い勝手はよさそうです。1コスト支払うのも場所が指定されてないのも◎。
白羊樹神セフィロ・アリエスを相手ターンに戻して、自分のターンで遊精以外のスピリットを召喚→アリエス召喚で自分だけ疲労召喚を回避するテクニカルな動きも面白いですね。

[大跳獣フレミッシュベース]
緑の皮を被った白のバースト持ちスピリット。最近は色の役割変更でバウンスは緑の役割になったのですかねぇ?
召喚時効果は限定的とはいえ、3体ものスピリットを場から退場させることができるのは強力の一言に尽きます。さらに自分ターンに移った後はLv2の効果によりライフをごっそり持っていけるのでバーストからの奇襲としての役割をしっかり持っているのも嬉しいですね。
真顔で空を飛んでいるのもズルいですね。

[卯の十二神皇ミストラル・ビット]
やっと出た、割と簡単に相手のライフを削れる緑のスピリット。神速封印は召喚時効果でない上にタイミングも選ばないのはさすが十二神皇。凄い。
フラッシュタイミングでライフ回復ができるので、実は自分のターンよりも相手のターンに出てきて迎撃する使い方の方が力を発揮しやすいです。
いざ使ってみると都合よく相手のスピリットが疲労していなかったり、手札に戻したくないスピリットしか疲労してなかったりということが多々あるので、カウンターカードとして運用するのが吉かもしれません。
これを言い出すとキリがないのですが、最近のカードのBPデザイン雑過ぎません?以前と比べてBPがあまり意味を持っていないように思います。

[兎魔神]
優秀な軽減を持つ使い勝手の良い異魔神ブレイヴ。アタック時に相手のスピリットを疲労させることができるスピリットと合体すると破壊時バーストを踏まない確定除去をしながら回復できるのはとても強力ですね。牙皇ケルベロード制限とはなんなのか(ケルベロードは墓地肥やしなどもできるとはいえ、ねぇ)。
反対の合体時は緑のブレイヴでお馴染みのバースト封じですが、今は丙の紫煙巨人などが流行っているので、バーストは破棄するよりも封じた方が確実にバーストを止められるとも言えるでしょう。
異魔神ブレイヴなため、アタック時に合体スピリットが破壊などされた時にブレイヴ単騎でアタックをしてライフ減少時バーストを踏むことがないのも良いと思います。

[No.46 ディアチャイルドアイランド]Lv2になると戦場に息づく命の効果を発揮できる(ただし重複不可)、白羊樹神セフィロ・アリエスのような効果持ちのネクサス。各種ウィニー系のデッキに有効です。
Lv2の効果のために2コア維持が必要なので置いたターンから使うことができないのは大幅な減点要素ですが、このネクサスに限らず、ドロー系のマジック(双翼乱舞など)やネクサス(百識の谷や戦場に息づく命)は使用/配置した返しのターンに好きなようにアタックをさせてしまうということがよくありますが、その問題を解決できている初のネクサスなので、その点は評価してもよいでしょう。

[ジャンピングバインド]
ライフ減少時のバーストとして見るとちょっと地味。しかし、トライアングルトラップやトライアングルバーストの効果に加えてコアが増えると考えればまぁ良いのではないでしょうか。最近はフラップウィングというライバルがいるので、1コア増やすところに如何に価値を見出すかという所に落ち着きそうですね。

[ワイルドライド]
エンドステップに手札に戻る緑のカードの歴史は長く、今回は過去のカードの上位互換となるカードです。
3コスト2軽減のカードでバトル時勝てば回復でき、手札に戻るというのはかなり優秀だと思います。というのも、結局の所「バトルに勝ったら〜」というのは相手に自壊されて逃げられるのがこの世の常なのです...が、手札に戻る効果のおかげで何度も相手に自壊を要求できるのはいいプレッシャーになるのでは?
この頃は疲労状態でブロックできるスピリット(や何度も起きるスピリット)も増えているので、BPが上がるのもバカにはできないですね。

[ミストラルフィニッシュ]
構築は多少制限されますが、それでもこの破壊時バーストは単純に強いです。コストを踏み倒して召喚されたカードの召喚時効果は発揮されますし、仮に召喚できないカードであっても好きな順番でデッキに戻るため、次のドローを良いものにしてくれます。これ緑だと超重要。
これだけでも十分なのに、フラッシュの効果もドリームネビュラを彷彿とさせるほどのコストパフォーマンス。アルティメットも対象なのは何故?というくらいに使い勝手がよさそうです。
緑のフラッシュマジックは相手の最初のアタックを止めることができないという常識を覆す偉大な1枚であると言えるでしょう。

[エメロードバリア]
ウィンドウォールの色が逆転した、みたいなマジック。
これ、緑軽減2個でもよかったんじゃないかなぁ。お前の白軽減、他のカードにあげてやれよって感じが凄い。ついこの前、蒼き蜂皇オオセイボゥ・Aが出ましたが、下のデルタバリア効果がを優先したい場合にはこちらになるのでしょうか。
白軽減を生かして白のデッキで使った方が良いのかもしれませんね。



【まとめ】
全体的に強い。久しぶりに緑のデッキで強いカードたくさん入ってるの見ました。
既にプレイしてる方はもちろん、今からバトスピを始めようという方にもオススメのデッキです(ただしコアが入ってない)。よかったら一緒に緑の道を歩みましょう!

最後に、Hikafu個人としては起源龍ヴィリジオラスと一緒に使ってみるのを推しておきますね。

ではまた^^

スポンサーサイト

  • 2017.06.09 Friday
  • -
  • 11:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM