<< デッキ【緑白ミッドレンジ Uビャク・ガロウ】 | main | 第1回 バトスピティーチングオフ会「バトスピフレンズ(仮)」開催のお知らせ >>

カード評価の見直し

最近は紫白系のデッキがメタを席巻し、それ以外のデッキがそれを追いかけるような環境です(トーナメント環境ならば)。
前々弾辺りからもうずっとそんな環境が続いていますが正直、紫白系のデッキは足元を支えるカードに地力がありすぎるためそう簡単に環境が変わることはないのでは?と思い始めたので改めて緑のカードの評価を見直すことにしました。もちろん毎回やっているつもりですがさらに改めて、です。

その中からちょっと面白そうなスピリットを2体紹介します。
では続きからどうぞ
【角武神ネプチューン・カイシン】
Hikafu主催(厳密にはチームAbsolute主催)のAbsolute杯で参加者の半数に配られた第4の緑裏Xレア。
元々5コスト3軽減というコスト、高速三段突をはねのけてライフを狙いにいく優秀なスピリットですが、他に優秀なカードが多い緑でメインを張れるほどのものではありませんでした。せいぜい1枚入れるくらい。
しかし、メインの除去がバウンス、コア外しである紫白系の主な召喚時効果であるバウンスが効かないというのはそれだけで安心感があります。状況によってはボーンダイルにチャンプブロックを強いることもできるので最低限の働きはします。今の環境では黒蟲の妖刀ウスバカゲロウを合体できる最低コストの5コストスピリットの中では風の覇王ドルクス・ウシワカに次ぐ優秀なスピリット。同じコスト帯であるネガ・テュポーンのBPを超えるのもいいですね。

【独眼武神マンティクス・マサムネ】
よく蜂王フォン・ニードのプロキシとしてHikafuに使われるイケメンスピリット。前は強かったんですよ?…とまぁ冗談は置いといて、アタック時の2コアブーストはいまだに使い勝手がいいです。
最速召喚から自身にコアを増やせば騎士王蛇ペンドラゴンや紫電の霊剣ライトニング・シオンの除去範囲から外れます。以前はアンフィスバエナーに焼かれず騎士王蛇ペンドラゴンされないという召喚後の隙が少ないスピリットでしたが、その除去耐性は今も健在ですね。
仮にバウンスされても自然に3コアリザーブにいくのでリカオスパーダなどのリザーブにコアを置きにくいコスト帯の神速スピリットとも相性がよいです。もちろん次ターンからはリザーブにコアを増やし続けるので相手に追撃のプレッシャーを与えますし、黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ合体からの自壊を許さない2点貫通は驚異となるでしょう。もちろん召喚時効果が発揮しない状況でだって力を発揮します。
問題は7コスト3軽減というコスト。それでも、もう1つ軽減のある蜂王フォン・ニードの劣化ではないことは覚えておいてくださいね(切実)。


この他にも再確認が必要なカードがあるかもしれません。固まった環境で勝ち抜くために必要なのはデッキの研究と過去に忘れられたカード達の発掘です。様々なカードを駆使して常勝目指して頑張りましょう!!
ではまた^^

スポンサーサイト

  • 2017.04.13 Thursday
  • -
  • 18:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
Hikafuさんのソーグリズリーの評価を聞いてみたいです。
個人的には紫相手にそこそこ働いてくれるカードだと思っているのですが、イマイチうまく使えてなくて困っていますw
  • dono
  • 2014/01/28 9:41 PM
>donoさん
コメントありがとうございます。最近コメント欄が静かだったので嬉しいです(笑)

ソーグリズリーですが、紫が多い環境ですのでバースト発動の機会は多いと思います。しかしアルティメットを出した後のターンであればコアはそれなりにあるということになるので、消滅時でなく破壊時だけでもことが足りてしまうというのが難しいところだと思います。
それに加え、初手事故をした時に比較対象である風の覇王ドルクス・ウシワカは召喚していけるのですが、ソーグリズリーではどうしようもないというのが最大のネックかもしれません。
そして風の覇王ドルクス・ウシワカの持つ神速や手札への帰還効果に対し、バースト封じだけでは流石に分が悪いです。BPもコスト面で見れば最強クラスのBP配分を持つウシワカ、一方どちらかと言えば貧弱なソーグリズリー…。風の覇王ドルクス・ウシワカを押しのけての採用は難しいかもしれません。

ですが、アルデウス系のデッキに対しては非常に安定して召喚できるので一考の余地はありますし、絶甲氷盾などのバーストを発動させないでアタックしていける効果が非常に有効な場合もあります。
なので、アルティメットを安定して2、3ターン目に出せること、紫に偏った環境であること、打点の無さを補えること(アルティメットが1シンボルしかないのに加え、バースト封じ効果だけのシングルシンボルだけではバーストが発動されなくともライフを削りきるのは困難なため)が満たせるようになれば活躍の場は必ずあります。もしくは4枚目のウシワカとして採用もできますね。


自分がソーグリズリーに感じているところはこれくらいですが大丈夫でしょうか?
  • Hikafu
  • 2014/01/30 5:58 PM
Hikafuさんコメ返しありがとうございます。
参考になります。

やはり、牛若の壁は大きいですね。

この一言に尽きてしまうのですが、今のソーグリズリーは実際にこの状態ですから、しょうがないですね(笑)
  • dono
  • 2014/01/31 12:12 AM
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM