<< サンプルデッキ【緑ビートダウン1】 | main | 2013年〆 >>

緑アルティメット召喚の要

当たり前のことですがアルティメットには召喚条件があります。今の時点ではアルティメット自身の色と同じ色のスピリットがいなければ召喚できません。
除去が強い環境なのでスピリットを残すこと、アルティメット召喚前にスピリットを召喚できることはとても重要になりますね。

では緑アルティメットを召喚するためにデッキに入れておきたいカードはどのようなものがあるか紹介していきたいと思います。

続きからどうぞ
◆アックスモス
0コストのスピリットは今まで緑には積極的に採用されることはありませんでした(ただし爆神環境前を除く)。しかしアルティメット召喚条件を満たすため、テンポのよい展開のために必要となってきています。
その中でもアックスモスの効果は0コストの採用理由を常に満たせる可能性が高い1枚。0コストの中では最有力候補でしょう。

◆ゲニン・スズメ
0コストではありませんが軽減シンボルがなくとも1コストで召喚できること、1つシンボルが残っていれば0コストと同等に扱えることなどの理由から採用できます。
ただし0コストとの最大の違いは相手のアルティメットのトリガーでめくれた時。0コストならばアルティメット・ジーク・フリーデンやアルティメット・デスペラードなどのヒットをノーヒットにすることができますがゲニン・スズメではできません。そこだけは0コストと比べた時マイナス要素ですが、破壊時効果だけでもお釣りがきますね。

◆アライゴヤ
紫が多い環境ではそれなりに有用なスピリット。1or2コストで召喚可能なので比較的出しやすく、赤い火力さえ凌げば場持ちはそこそこ良いです。
しかしマーク・オブ・ゾロを防ぎにくい点とBP破壊に弱すぎる点は少し厳しいか。

◆風楯の守護者トビマル
アライゴヤとは逆にBP破壊などを無効化(疲労はあり)してくれるスピリット。
3コストのカードで今回の記事の役割を満たしてくれるスピリットが欲しい時はこのカードに頼ることになります。しかし現状3コストであるメリットは少なく、最大軽減で出す時は採用理由の視点から見るとすでに必要なくなっているので今回の記事で挙げるカードの中では優先順位は低くなるでしょう。

◆ヨロイフクロウ
アルティメットを採用してるデッキならば採用してまず間違いないスピリット。特に前述のアックスモスと並べばどちらかは確実に生き残り、次のターンに繋いでくれるでしょう(採用のしやすさ、親和性からアックスモスを例にしました)。破壊時バーストも確実に発揮できます。
というか、このカードはもう説明が不要ですね。


ひとまずこんなもんでしょうか。これらの枚数は入れすぎるとデッキパワーが下がるので上手く付き合っていきたいですね。1コストの神速スピリットなんかも採用理由に見合う働きをしますし、神速は言わずもがなの強さなので是非採用したいですね。

ではまた^^

スポンサーサイト

  • 2017.09.28 Thursday
  • -
  • 21:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM