<< アルティメット・ビャク・ガロウ | main | 構築済みデッキ【疾風のゼロ】全カードレビュー その1 >>

僕と緑と緑の生きる道

数あるTCGの中でも、最も「テンポ」が大事なバトルスピリッツ。その歴史の中でも今の環境は、最もと言っていいほどにテンポが大事な時期だと考えています。
と言うのも、最近流行りのデッキは比較的ゲームメイクが早く、1ターンの差で勝負が決まることが多いからです。後はアルティメット先出しアタックに対して、後出しから巻き返すのがそれほど容易ではないからです(昔の緑ミラーの先攻後攻の関係みたいな感じ)。

それならば、安定したビートダウンができる緑にとっては戦いやすい環境ということになるのですが、そこで立ちはだかるのが緑よりも速い各種速攻デッキと速攻系のデッキを仮想敵として組まれたコントロールデッキ。
今活躍しているデッキの多くはそのどちらかだと思います(今までもそうですが)。
では何故ビートダウンの代名詞的カラーである緑が勝てないのか?緑が絶滅寸前みたいな状況なのか?それをテーマに環境を読み解いていきたいと思います。
今日発売の構築済みでまた環境が変わるかもしれませんが、大まかなところは変わらないと思います。

では続きからどうぞ
『何故自分より速いデッキに勝てないのか?』
理由はとても簡単。緑の防御カードは瞬間的なものでしかないからです。
緑の各種疲労マジックは他のカラーと比べ比較的コストが軽めに設定されていますが、それもターンをまたいでしまえば効力を失うから、というのは皆さんも知るところだと思います。
緑より速いデッキの多くは限定的ながら除去を持っていることが多く、それが攻めにも防御にも機能しているため一時的な防御にはならず、ゲームが終わるまで響いていきます。
防御の質で負け(瞬間的になら緑が上)速度でも上回られているようでは相手のライフを狙うのは容易ではありません。
これまでその状況を解決できるカードはほとんどありませんでした。しかし緑には新しいスピリットがいます。そう、ハナノマンティスです。
あまり注目されていませんが、緑が自身より速いデッキを相手にする場合にこれ以上のカウンターカードはなかなかありません。ウィニーが多い環境ならば積極的に採用していきたいですね。


『何故コントロールに遅れを取るのか?』最近のコントロールというと相手の場を一掃できるか、無限ブロッカーがいるかのどちらかに当てはまることが多いです。
前者はかなりの速さで飛んでくるアルデウス・バイパーやアルティメット・デスペラードなど、後者は究極巨神アルティメット・トールやアルティメット・ジークフリーデン、ネガ・テュポーンがそれです。
Hikafuが考えるに、上記のカードを出される前に3点はライフを削っておけないと勝つのが難しくなると思います。しかし、それをやるなら他のウィニーや白紫などのデッキを使った方が容易であるというのが緑を使用するプレイヤーの減少にも繋がっているのではないでしょうか。

これを解消するにもやはりテンポが大事で、各ターンにできることを毎試合やれなければ勝ち抜けません。これに関してはデッキを安定させる他に道はなく、高いBPを持つ壁を超えることができるカードを積極的に採用していくのが一番だと思います。自分のオススメはアルティメット・カイザー・アトラスで、Hikafuはこのカードをかなり高く評価してます。理由は次回以降の記事に回します。

文字数も迫ってきたのでまとめますが、今の緑が勝つために必要なのはテンポ、そして今までの考えに捕らわれない柔軟なデッキ構築をすることだと思います。
緑で勝つのを諦めたくない方は是非一緒にがんばりましょう。

ではまた^^

スポンサーサイト

  • 2017.04.13 Thursday
  • -
  • 14:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM